自分で決めないことの「納得度」への影響

自分で考えて、自分で決めない人が、誰かに考えてもらって、誰かに決めてもらうことが多いとするなら、結局のところ、いつでもどこでも誰かのせいにしたいということなのでしょうか?(習慣化していると、当人は気がつきにくいかもしれませんね。)

もし「楽をしたい」という気持ちがあって、自分で考え、決めることを放棄するのなら、自ら「納得度」を下げているということにもつながるのでは?そして、その場合は「人に使われている感」も増すのだと思います。

「セルフ・リーダーシップ=おのれシップ」、大事です。

(O)

PDCAよりTDD™

PDCA?

plan
do
check
act

悪くはないけど、大抵の場合PDCAのどれもが弱くて、ほとんど機能していないのでは?と、ずっと思っていました。

じゃあ何?

TDD™です!

think
decide
do

これなら、イケるというケースが増えるのでは?と思います。

(O)

コミュニティの更新

自分の周りにいる人たちの顔ぶれは、時と共に自然に入れ替わっていきます。でも、それを意図的に積極的に行うことで、環境の変化を自ら創っていくこともできるのです。

わたしは、そのことを寂しく感じる必要はないと思っています。

***

「未来行きの汽車」

「発車します。お乗りになりますか?」
「何処へ?」
「さあ、それはあなた自身でお決めください。」

私は
すこしの間ためらってから
思い切って乗り込みました。
小さなスーツケースにおもいきり希望を詰め込んで。

ふと見れば
となりのぷラットホームにとまっている汽車は
なんだかずっと乗り心地が良さそうです。
窓には懐かしい顔が並んでいます。
大きな声で私をよんでいるのも聞こえます。

でも私は決めたのです。
この汽車に乗ろうと。

あの汽車に乗っている人々には
もう二度と逢えないかもしれません。
たとえ逢えたとしても
もう同じ切符を持たず、同じ言葉も持たないかもしれません。

さびしいような気がします。

でも
それで良いのです。

私は
先へ行かなければならないのですから。

***

この本を初めて手に取ったとき、わたしはとても勇気づけられました。

(O)

天才?

天才?-300x225

天才かどうかは、わからないけれど、
たまに「天才的!」と自分でも思うくらいのことなら、
あるのではないでしょうか?

キラッと、ピカッとした瞬間。
それを探しながら、実感しながら、
自分のその「天才的な何か」を
具体的に発揮していきたいですね。

『自分の仕事をつくる』『自分をいかして生きる』『なんのための仕事?』by 働き方研究家 西村佳哲

 

  

「働き方研究家」を名乗る著者が、さまざまな「仕事をする人」たちにインタビューを行い、まとめた3冊。(肩書きを自分で決める=エントリー=アイデンティティの選択ですね。)

本のカバーから一部を紹介します。

1冊目:2003年9月『自分の仕事をつくる』make your work!
他の誰も肩代わりできない「自分の仕事」をすることが、人を満足させるいい仕事の原点ではないか?「社会は働き方から変わる」という確信のもと行われた、ワークスタイルとライフスタイルの探検報告。

2冊目:2009年10月『自分をいかして生きる』live alive?
「仕事」は「人生」と、「働き方」は「生き方」と背中合わせで、他の誰にも肩代わり出来ない一人ひとりの「生」に直結している。人間の一番の大仕事は「自分をいかして生きる」ことなんじゃないか?

3冊目:2012年4月『なんのための仕事?』for what?
どの仕事の先にも、かならず人間がいる。わたしたちの働きの意味や質はその人間が、どんな存在として見えているかに掛かっていると思う。技術もやり甲斐も、そのあとをついてくるのではないかな。

***

「才能とエネルギーを自分が信じることに使おう」。
「安易なところにチューニングしていかない」。
「小さくて具体的な工夫の積み重ね」、これが仕事だ。
「こんなもんでいいでしょ」的なテキトーな仕事はないだろ?

そうだよ!わたしが言いたいのはコレだよ!と思った次第です。

人は、いい仕事をしたい生き物だという真実。
いい仕事とは、嘘のない、矛盾のないところにある、
人に「ありがとう」と言われる仕事。
そのために、「才能とエネルギーをあなたが信じることに使おう」。

「はじめればはじまる」。
「はじめないかぎり、何もはじまらない」。

「○○したいけど難しい」という人がいる。
「難しい」に力が入っている。
「難しいけど○○したい」という人がいる。
「したい」に力が入っている。

さて、あなたにとって「仕事」とは?

著者のサイト http://www.livingworld.net/

(O)

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学 集中講義

「許可」に関して記された部分を紹介します。

人間は二つのタイプに分かれることがわかってきました。
自分のやりたいことを誰かに許可されるのを待っている人たちと、自分自身で許可する人たちです。

自分自身に与える許可とは…
常識を疑う許可、世の中を新鮮な目で見る許可、
実験する許可、失敗する許可、自分自身で進路を描く許可、
自分自身の限界を試す許可。

きっと他にもたくさんありますね。

(O)

すべてはあなたが選択している

「すべてはあなたが選択している 」と言われると、それを受け入れたくない人もいるかもしれません。

この本の「選択」に関して書かれた部分を紹介します。

***

本書は、私たちが人生の様々な状況や、その時々の自分の反応を、今以上に自分で選択し、決定できるのではないかという考え方を皆さんに提供している。
選択とは、あなたの行動、思考、感情、態度や姿勢など全てを含めた「あなた自身」が、世の中に対して「影響力」を持ち、より良い変化をもたらすことができるという意識である。こういった態度で物事に取り組めば、組織の中で起こった様々な状況を、他の人あるいは自分のせいだと言って責めたり非難したりすることがなくなるはずだと私は考える。(中略)本書と正反対の考え方は、自分の行動、思考、感情、態度や姿勢などが、何の影響力も持たないという考えである。

***

鍵は「セルフエスティーム」です。
(わたしは「自己効力感」という日本語訳を使っています。)

「責任」とも大いに関係するところですね。

(O)