話したいことと話す必要のあることの違いは、何でしょうか?

『話したいことと話す必要のあることの違いは、何でしょうか?』
その区別が付いていない状態では、話したいことのみを垂れ流しにすることにはなりませんか。コンテクストや目的によって、自律したやりとりをしましょう。

*****

・わかっている人と互いにわかっていることを話しても再確認にしかなりません。(大抵の場合、「自分(たち)は正しい」ということの確認でしょうか?)

・まだわかっていない人のために、こちらが既にわかってることを話すのにもあまり時間を費やしたくありません。(責任を負って、その必要がある場合以外は、ということです。)

・わたしは、わかっている人と互いにまだわからないことについて話したいのです。それが、わたしにとって「話す必要のあること」です。

(ただ、何がわかっていて、何がわかっていないか、これが鍵にはなります。どこまでいっても、「わかっているつもり」の壁や溝が生じるからです。)

あなたが今、話したいと思っていること、そして、話す必要があると思っていることは何ですか?

(O)

Advertisements

レスキュー、ヘルプ、サポート、アシスト、コラボというパートナーシップの型を意識していますか?

『レスキュー、ヘルプ、サポート、アシスト、コラボというパートナーシップの型を意識していますか?』
今、そのチームのその場面に必要なのは、どのようなパートナーシップですか。パートナーシップの型によって、メンバー全員の動きが変わってきます。

*****

コラボレーションを築くためには以下の10の戦略がある。

として・・・

1.まずは自分から始める。

とあります。

コラボレーションに限らず、「ルール・その1」だと思います。

(O)

「本体と端末」という概念を活用していますか?

『「本体と端末」という概念を活用していますか?』
個人の情報編集機能として「本体における処理」と「端末による収集」に着目し、どちらの機能がより強いかを示す範型です。自身のエントリーにおいて、役割を果たすために開発・活用していますか。

*****

「本体型」のコーチと「端末型のクライアント」、そしてその逆。この組み合わせがコーチングの成果をより大きいものにするのでは?と思います。

自分と似たタイプのコーチには、安心感があります。でも、思考や行動の枠組みから大きく外れることも少ないかもしれません。

成果に向かうためのダイナミクスを生みやすい状況について考えるとき、「本体と端末」という概念を活用することができます。

(O)

エントリーの更改について、最新・最大のパフォーマンスが反映されていますか?

『エントリーの更改について、最新・最大のパフォーマンスが反映されていますか?』
新しいエントリーに手を伸ばすときが来ているのではないでしょうか。最新・最大のパフォーマンスを反映させた次の舞台の準備をしましょう。

*****

いま働いている会社で「明日から社長をやってくれ」と言われたとしたら、あなたはそれを引き受ける心構えがあるだろうか。あるいは、それを引き受けるだけの能力が身についているだろうか。(大前研一)

もし、この問いに対してピンとくるところがあるなら、エントリー(アイデンティティの選択)の更改の時期が来ているのかもしれませんね。

(O)

思考や行動のパターンにおける凸凹とは?

『思考や行動のパターンにおける凸凹とは?』
思考や行動のパターンは、状況や表出の形によって凸となったり凹となったりします。あなたの場合、どちらの型となって表れやすいですか。

*****

ペンシルベニア大学ポジティブサイコロジーの「楽観度テスト」のアセスメントを紹介します。
https://www.authentichappiness.sas.upenn.edu/ja/testcenter
(上記リンクを開いたら、画面右上のドロップボックスで使用言語を選んでください。)

スキーをやっているときにひどく転倒してしまう。
 A. スキーは難しい。
 B. 滑走路が凍っていたからだ。
あなたは、どちらだと思いますか?

これは、「楽観度テスト」の一つのアセスメント項目です。
楽観性に関しては、「普遍性」と「永続性」という2つの重要な要素があるそうです。
(上記の項目は「普遍性」について調べるものです。)

・悪い出来事に普遍性があると考えるかどうか?(たまたま悪いことが起きたのではなく、その悪いことに普遍性があると考える。)
・良い出来事に永続性があると考えるかどうか?(たまたま良いことが起きたのではなく、その良いことに永続性があると考える。)

これは、思考や行動のパターンの凸凹とも言えるでしょう。
「凸:Asset(資産)Thinking」と「凹:Deficit(欠損)Thinking」です。

ペンシルベニア大学ポジティブサイコロジーのサイトには、多くのアセスメントが用意されています。定期的に測定することで、自身のデータとして活用することもできます。ぜひご利用ください。
https://www.authentichappiness.sas.upenn.edu/ja/testcenter

(O)

他のシナリオの存在も認識していますか?

『他のシナリオの存在も認識していますか?』
未来へのシナリオは行動を促進するために必要ですが、そのシナリオに固執すると他の選択肢や可能性を消してしまいます。目的の達成という登山には、常に複数のルートがあることを忘れずにいましょう。

*****

山は西からも東からでも登れる。自分が方向を変えれば、新しい道はいくらでも開ける。(松下幸之助)

わかっているはずのことなのに、つい勝手知ったる(つもりの)我が道を行きたくなりますね。

常に柔軟に選択肢を探したいものです。
見えていないルートも、あるはずなのです。

(O)

凹モデルばかりをリソースとして使っていませんか?

『凹モデルばかりをリソースとして使っていませんか?』
凹モデルも反面教師となり得ますが、それだけでは凸状態を作るのに弱い面があります。「ああはなりたくない」と言うだけでは、建設的な行動に結びつきません。

***

もし反面教師であったとしても、その人の存在が誰かの学びのためにあるわけではないのです。(「あの人のおかげで勉強になった」と言うことの傲慢さです。これ、わたしは言わなくていいことだと思っています。)

何を見て、どう解釈し、何を学びとするのかは、個人の責に属することです。それは、自分で選ぶことができるからです。そのとき、その事象の登場人物を貶める必要はないはずです。

それよりも大切なのは、見習いたいと思う人のエキスを、具体的に自分の身体で体現することです。

(O)