話したいことと話す必要のあることの違いは、何でしょうか?

『話したいことと話す必要のあることの違いは、何でしょうか?』
その区別が付いていない状態では、話したいことのみを垂れ流しにすることにはなりませんか。コンテクストや目的によって、自律したやりとりをしましょう。

*****

・わかっている人と互いにわかっていることを話しても再確認にしかなりません。(大抵の場合、「自分(たち)は正しい」ということの確認でしょうか?)

・まだわかっていない人のために、こちらが既にわかってることを話すのにもあまり時間を費やしたくありません。(責任を負って、その必要がある場合以外は、ということです。)

・わたしは、わかっている人と互いにまだわからないことについて話したいのです。それが、わたしにとって「話す必要のあること」です。

(ただ、何がわかっていて、何がわかっていないか、これが鍵にはなります。どこまでいっても、「わかっているつもり」の壁や溝が生じるからです。)

あなたが今、話したいと思っていること、そして、話す必要があると思っていることは何ですか?

(O)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s