ペンシルベニア大学ポジティブサイコロジー:人生の意味尺度

ペンシルベニア大学ポジティブサイコロジーの「人生の意味尺度」のアセスメントを紹介します。このようなアセスメントは、自分をより立体的に多面的に捉えるために役立てることができます。
https://www.authentichappiness.sas.upenn.edu/ja/testcenter
(上記リンクを開いたら、画面右上のドロップボックスで使用言語を選んでください。)

「存在(Presence」)と「探求(Search)」の二つの点数で、自分の人生に意味や目的の存在を感じているか、またそれを探求しているかを観ます。(つまり、二軸による現状把握ですね。)

それぞれ5点から35点までで、24点を基準にそれ以上かそれ以下か、で判断。

***

◆「存在に関する得点」で24点以上、「探求に関する得点」でも24点以上。

あなたは自分の人生に大切な意味や目的があると感じているのと同時に、その意味や目的について柔軟に探求している最中でもあります。あなたは多分、自分の人生に満足しており、やや楽観的で、愛情を多く経験し、落ち込むことなどめったにありません。あなたはおそらく宗教的な活動にも幾分活発に参加しており、他の人たちに比べて感覚的な刺激を追い求めることには価値を置かない傾向にあります。あなたは概して自分の意見に確信があり、時に力強く主張します。そして社会や自分自身の人生に全体像を持つことを大切に考えています。あなたを知る人は、おそらくあなたについて、誠実で、思慮深く、親しみやすく、多少新しい経験に心を開いており、概して付き合いやすく、感情的に安定している人だと説明することでしょう。

◆「存在に関する得点」で24点以上、「探求に関する得点」で24点以下。

あなたは自分の人生に大切な意味や目的があると感じている一方で、積極的にその意味を探求したり、人生の目的を探求したりはしていません。これについて人は多分、あなたが自分の人生を意味づけるものや、自分の存在意義や、人生で何をやりたいのかを既に把握しており、満足しているためだと理由付けられるかもしれません。あなたは多分、自分の人生に満足しており、楽観的で、健全な自尊感情を持っているかもしれません。またあなたは愛情や喜びを多く経験し、不安や怒り、恥ずかしさや悲しみはめったに感じることはありません。あなたはおそらく伝統的な価値観を持っているかもしれません。あなたは多くの場合に自分の意見に確信があり、時に力強く主張します。そして社会や生活面における構造や規則を遵守することを大切に考えています。あなたはおそらく宗教的な活動にも積極的に、かつ深く関与しています。あなたを知る人は、おそらくあなたについて、誠実で、きちんとしており、親しみやすく、付き合いやすく、社交的な人だと説明することでしょう。

◆「存在に関する得点」で24点以下、「探求に関する得点」で24点以上。

あなたはおそらく自分の人生に大切な意味や目的があると感じていないかもしれず、自分の人生に意味や目的を与える何かまたは誰かを積極的に探している最中かもしれません。あなたは多分、自分の人生に必ずしも満足していないかもしれません。また、愛情や喜びといった感情についてもそれほど経験しないかもしれません。あなたは時々、あるいはもっと頻繁に、不安や心配になったり、悲しんだり落ち込んだりしているかもしれません。あなたはおそらく自分の人生における宗教の役割について自問し、神の存在や、地球上の生命に関する本当の意味や、自分にとってどの宗教が正しいのか(そのような宗教がある場合)を解明しようと努力しているかもしれません。あなたを知る人は、おそらくあなたについて、計画を立てるときなどその場の状況に合わせて物事を進めるのを好む人、あるいは「流れに身を任せる」人で、時折不安になることもあるが、特に社交的というわけではない人だと説明することでしょう。

◆「存在に関する得点」で24点以下、「探求に関する得点」でも24点以下。

あなたは多分、自分の人生に大切な意味や目的があるとは感じておらず、積極的にその意味を探求したり、人生の目的を探求したりもしていません。あなたは自分の人生について、あるいは自分自身について必ずしも満足しているとは限らず、未来について特に楽観的でもないかもしれません。あなたは愛情や喜びをそれほどは経験しないかもしれず、時々、あるいはもっと頻繁に、不安や心配になったり、悲しんだり落ち込んだりするかもしれません。あなたはおそらく伝統的な価値観を持っていないかもしれず、必ずしも全てのものに対して柔軟ではないのですが、もっと刺激的な、わくわくする経験に価値を置いているかもしれません。あなたを知る人は、おそらくあなたについて、時々まとまりがなく、時折神経質になったり緊張したり、特に社交的でもなく誰にでも温かく接するということもない人だと説明することでしょう。

***

ペンシルベニア大学ポジティブサイコロジーのサイトには、多くのアセスメントが用意されています。定期的に測定することで、自身のデータとして活用することもできます。ぜひご利用ください。
https://www.authentichappiness.sas.upenn.edu/ja/testcenter

(O)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s