返ってくるもの

061115_1416

自分が誰かに与えたものが、また自分に返ってくるのだ、という考え方がありますね。でも、その前に、自分が自分に与えたものが返ってくるのでは?と思うのです。

自分を憐れみ、蔑んでいる人が、人からどのような態度をとられようとも、結局は、また自分を憐れみ、蔑むことになってしまうというようなことはないでしょうか?

つまり、そもそも、自分を憐れみ、蔑みながら、人を尊ぶことができるのだろうか?という疑問です。もしそれを試みるとしても、それは自分を尊んで欲しいから、という取引きである可能性はないでしょうか?その取引きは成功するものなのでしょうか?その取引きの相手は、期待通りに自分を尊んでくれるのでしょうか?取引き同士なら、形だけは成立するかもしれませんが…。どうでしょう?

(O)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s