言葉という乗り物

100604_0900

言葉に縛られる必要はありませんが、それを放棄したり冒涜したりすると、ろくなことにはなりませんね。(という、これも一種の呪いになり得るわけですが。)

言葉は、厳密に、かつ丁寧に扱うことで、自分を、そして誰かを、新しい場所へ連れて行く乗り物になります。

どのような乗り物を、どのように運転するのか、行先はどこなのか、その選択はいつも自分の手の中にあります。

(O)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s