タイプと役割と能力の違いは、何でしょうか?

『タイプと役割と能力の違いは、何でしょうか?』
○○タイプだからと言って、そのタイプに適した役割を担うとは限りません。役割を担うからと言って、その責任を果たす能力があるとは限りません。区別し、自身のパフォーマンスの最大化に挑戦しましょう。

*****

戦略的なタイプであること、
経営戦略を司る部署に配属されていること、
実際に戦略を体現する力があること、
これらはすべて別のことです。

低パフォーマンスの原因のひとつは、「タイプ・役割・能力」を区別していないことです。

タイプが能力を保証するわけではないのは、事実です。環境に応じた役割への自覚とコミットメントが、タイプと能力をつなぐ鍵になります。「タイプ・役割・能力」は、往々にして、その集団の中での相対的なポジションにはなりますが、いずれにしても、その位置を知ることは大切です。

「タイプ・役割・能力」を3軸にした立方体をイメージすることで、自分がどこにいるのか、どういう状態にあるのかを把握することができます。
また、周囲の人との組み合わせにおいて、どのような位置関係にあるのかを把握するガイドとして活用することも可能です。

「タイプ・役割・能力」を区別することで、パフォーマンスの最大化に注力しましょう。

(O)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s