「問いのための問い」は、立っていますか?

『「問いのための問い」は、立っていますか?』
最も重要な問いを立てるために必要な「問いのための問い」があります。自分の問いの傾向を知り、それが機能しているかどうかを検証しながら、「問いのための問い」を更新していきましょう。

*****

有効な問いは、階層を持ち、入れ子式に発生 or 設定します。

最も上位に位置する最大の問いは、「今、何を問うべきか?」です。そこから、階層とサイズを落とし、「手段」を問いながら降りてくる方法があります。

また、手元の小さな問いから、上位に向かって組み立てる方法として、「何のために?」と「目的」を問う方法もあります。

問いを構造化する際の方向は、人によって傾向がありますが、自在に組み立てができることが必要です。これは「駆動の型」の影響も受けます。

(O)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s