ついで?

「散歩のついでに、富士山に登った人はいません」。

わたしの好きな言葉です。

誰かに誘われて、ふと思い立って、たまたま、ひょっこり、
どんな経緯で富士山に登ることにしたとしても、
相応の準備は必要なのです。

(O)

Advertisements

「参加」とは?

一文だけ紹介します。

私たちが参加型の宇宙に住んでいるという認識はまた、
「オーナーシップ」の意義についての私の理解も深めてくれた。

***

参加する:take part

そう。
「参加」とは、part を take することです。

(わたしは、より積極的な意味で「参画」という言葉を使います。)

(O)

プロコーチの条件

どういう人がプロコーチに向いていますか?と訊かれることがあります。人の成長に貢献したいと願っている人、と答えるコーチもいるかもしれません。

わたしならこう答えるでしょう。
コーチトレーニングをスタートする前に問うべき、
重要な問いが二つあります、と。

・まず、自分が選手として勝った経験がありますか?
・そして、他の選手の勝ちをサポートした経験がありますか?

この二つの経験があって、初めてコーチとしてのトレーニングが機能します。

成功する経験(どんな小さな成功であっても、です)と、
成功させる経験をした上でなければ、
プロコーチとしてのトレーニングにはならないでしょう。

(O)

チューニング

「自分」と「自分の声の高さ」が合うことで、
世界は調和し始めるのだと聞いたことがあります。

最も原始的なチューニングですね。

今日の声の調子はどうですか?

(O)

ただそうあればいい

「正強柔美」という基準。
そのそれぞれを、
「正しくなければならない」「強くなければ」
「柔らかくなければ」「美しくなければ」
と思うと、窮屈になります。

ただただ「そうあればいい」のです。
そこに条件はありません。

(O)

◎〇△

「〇△×」ではなく、「◎〇△」にするだけでも、
世界は変わります。

「△」(不足)はあるが、「×」というほどのことでもない、
ということは多いからです。

(O)