それは変容のための、目的のある建設的・科学的な努力ですか?

『それは変容のための、目的のある建設的・科学的な努力ですか?』
不必要なことに時間と労力を費やす必要はありません。ただし、自分で要・不要の判断が難しい場合もあります。人からのフィードバックを受けるなどの仕組みを持ちましょう。

*****

「三流の練習を100年やっても、一流にはなれない」と言います。努力感ばかりがあり、成果に結びつかないのであれば、その行動は適切ではないのかもしれません。

近道や楽な道を選びましょうということではなく、目的に対して、効果的な方法を選択しましょうという提案です。

量が足りないのか、質に問題があるのか、やり方が今イチなのか、どこに工夫が必要なのか、自分一人では、判断が難しい場合があります。

そのためにも、フィードバックをもらう仕組みは必要です。

大切なのは、目的に合っているかどうかです。

(O)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s