パーソナリティの「内的統制型」と「外部統制型」とは?

『パーソナリティの「内的統制型」と「外部統制型」とは?』
「内部統制型」は、自己の状況は内部要因によるという信念を持ち、「外部統制型」は、自己の状況は外的要因によるという信念を持つとされます。あなたはどちらの傾向が強いですか。

*****

「Locus of control(ローカス・オブ・コントロール)」という概念があります。(「統制の所在」と訳され、行動や評価の原因を自己や他人のどこに求めるかという教育心理学の概念です。)

行動を統制する意識の所在(ローカス)が、内(自己)か外(他者)かで「自己解決型」と「他者依存型」とに分類し、「自己解決型」を「内的統制型」、「他者依存型」を「外部統制型」と呼びます。

内的統制型:成功・失敗の原因は、自分自身の能力や努力にあると考える。また、自分は自分、他者は他者とし、自分と他者を比べたりはしない。他者の長所や成功も認めやすく、好感を持たれやすい。自己肯定感や自己効力感が高い。

外的統制型:成功・失敗の原因は、外的要因に大きく左右されると考える。結果の原因を自分にはコントロールできないものに求めるため、周囲の影響を受けやすい傾向にある。自己肯定感や自己効力感が低く、他者の行動を気にするのも特徴。

エントリーの最適化、インテリジェンスの最強化、パフォーマンスの最大化を目指すのであれば、自分のパーソナリティが「内的統制型」なのか「外部統制型」なのかを知り、必要であれば、思考や行動のパターンを変えることも検討しましょう。

(O)

Advertisements

One thought on “パーソナリティの「内的統制型」と「外部統制型」とは?

  1. Pingback: タイラー・コーエン 「『自由意志』の存在を信ぜよ。さすれば(実益が)与えられん」(2010年8月21日、2016年4月2日) — 経済学101

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s