要注意!「謝れ系」とは?

『要注意!「謝れ系」とは?』
依存も搾取も機能しそうにない場合、人に謝ってもらうことで溜飲を下げようとする人がいます。が、それだけでは何も生まれません。

*****

コンプレックスをこじらせると、「謝れ系」に転ぶケースが出てくるのだと思います。そのことに気がついたのは、ある大きな事件があった時でした。

コンプレックスの原因となるようなヒドイ出来事があったとしても、それが本当に気の毒なものであったとしても、他人にぶつけていいという理由には決してなりません。

依存や搾取が機能しない、つまり「誰も自分をわかってくれない!」「大切にしてくれない!」という叫びを、誰かに暴力的な方法でぶつけることは、生産的でないだけでなく、許されるようなことではないと思うのです。

「じゃあ、どうすればいいんですか?」と言われたら…。「どうしたいのですか?」と、まずは訊くしかないと思います。

「本当は、どうしたいのですか?」です。

(O)

あなたにとっての「ノブレス・オブリージュ」とは、どのようなことを指しますか?

『あなたにとっての「ノブレス・オブリージュ」とは、どのようなことを指しますか?』
ノブレス・オブリージュを「果たすべき責任や義務」と呼ぶこともできますが、ここでは立場や役割に関わらず貢献できる誇りとし、それを原動力に行動しましょう。

*****

もし、自分のやりたいことが、そのまま十分に誰かの役に立つなら…。それはとても幸運で幸せなことだと思います。

その場合、「やってあげる」という言葉は出てこないはずです。

(O)

問題が別の問題にすり替わっていませんか?

『問題が別の問題にすり替わっていませんか?』
ダイエットしたい・する必要がある・すべきだ、と認識していても、 実は「このままの自分を愛してくれる人が欲しい、 それが今の自分にはない、せめて体重を減らすことができたら」等と思っている可能性があります。

*****

多くの場合、意図して別の問題にすり替えているわけではないと思うのです。 でも、話を聞くと、どうも怪しいニオイが漂う…。

その人にとっての「本当」に手が届くようなアプローチが必要な場面です。

(O)

エッセンスからパターンを見出し、汎用性の高いリソースとしていますか?

『エッセンスからパターンを見出し、汎用性の高いリソースとしていますか?』
事象を表面的に捉えるのではなく、本質的なパターンを見出すことで汎用性の高いリソースとなり得ます。パターンから仮説を導き出すことができれば、効果的な問いも立つでしょう。

*****

「パターンとは、1回以上起こる可能性のある“ふるまい”である」。わたしはこの言葉に出会った時、身体に電気が流れました。一度、何かしらの事象を目撃したら、それはパターンかもしれないと考える必要があるということです。

わたしは、「何なの?この人!」という魔訶不思議な人に遭遇したら、その人だけがそうなのではなく、他にも同じような行動パターンを持つ人が100万人単位でいるのだと考えます。

そう考えることで、対応方法が用意できるのです。

世界制作の方法 (ちくま学芸文庫)

(O)

「体育会系LIFE」とは?

『「体育会系LIFE」とは?』
「あなたが選んだ競技と種目は何ですか?」「自分をどのレベルの選手に設定しますか?」この問いは、スポーツの場面に限らず機能するものです。そして、この問いからスタートするLIFEを、「体育会系LIFE」と呼びます。

*****

「体育会系」という言葉に違和感や嫌悪感を抱く人もいるでしょう。でも、多くの人が五輪やW杯を楽しみにするのです。(少し不思議な現象です。)

わたしは、アスリートたちから、また彼らの試合やトレーニングから学ぶことは、とてもたくさんあると感じています。だから、少しでも自分のパフォーマンスに活かそうと、観ているのです。

「で、自分はどうなのか?どうするのか?」何を観ても、この問いに立つことが大切なのだと、わたしは思っています。

(O)

自分がどのような「恐れ」を抱いているか、知っていますか?

『自分がどのような「恐れ」を抱いているか、知っていますか?』
何が自身の行動のブレーキになりがちなのか、知っていた方がいいでしょう。また、そのパターンをいつまで繰り返すのかも、あなた自身が決めることです。

*****

どの心理的階層に、どのような恐れがあるのか、簡単に特定できないこともあるでしょう。でも、繰り返し表れる出来事、そこで繰り返し踏むブレーキがあるとするなら、そのパターンは自覚しておいたほうがいいでしょう。

その上で、何らかの対応をするのかしないのか、自分で選べばいいのだと思います。今までとは違う行動を選ぶこともできるのですから。

(O)

「渇望の凸凹」とは?

『「渇望の凸凹」とは?』
渇望は、一種の飢えです。自力で食料を調達するのか、他者からの恵みを待つのか、奪取するのか、いろいろな方法がありますが、依存や搾取に依ることなく、建設的な方法で前進したいものです。

*****

「パフォーマンスの最大化」にあたり、自分が何を渇望しているのかを知っている必要があります。その上で、どのような方法があるのかを考えましょう。選択肢は、いくつもあるのです。

自力で調達するのか、他者からの恵みを待つのか、奪取するのか、はたまた代替え品で妥協するのか。依存や搾取に依ることなく、建設的かつ健全な方法で前進したいものです。

(O)