「モデリング」を意図的に活用していますか?

『「モデリング」を意図的に活用していますか?』
誰かをモデルとし、時に自身とのギャップに愕然とすることがあっても、自身のパフォーマンスを上げる糧として役立てましょう。

*****

「あの人は自分とは違って、元々スゴイのよ」。
そんな風に思うことで、自分を安心させることはできますか?

「あんな人、どうってことないわ」。
それは、嫉妬混じりの言葉ではありませんか?

「モデリング」という手法は活用するものです。
実際に、その人がどういう人であっても構わないのです。
見習いたいと思う点が一つでもあれば、それをヒントに自分のパフォーマンスを高めることに活かしましょう。

その時、視点は二つあります。
その人がしていること・しそうなことは、自分もする。
その人がしないこと・しそうにないことは、自分もしない。

「DO」を真似ていても、一方で「NOT DO」をやり続けていれば、効果は半減します。これは、多くの人が見落としがちな点だと思います。

(O)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s