「ゴール体の次元」とは?

『「ゴール体の次元」とは?』
ゴールを立体的に捉えることで、よりパワフルで効果的な行動を促進することができます。それは「自軸・他軸・場軸」という3軸により、3次元を形成します。

*****

「次元とは自由度の度合いである」という言葉があるようです。

「ゴール体の次元」における「自軸・他軸・場軸」の3軸は、主に空間軸を伸ばすことで拡張することができます。

「自軸」とは、自分のことしか考えないレベル。
「他軸」とは、相手のことも視界に入り、その人の視界が想像できるレベル。
「場軸」とは、社会や世界が視野に入り、自分や周囲の人、地域、国などのさまざまな視座で想像できるレベル。

これら「自軸・他軸・場軸」でゴールイメージを3次元で形成するのが、「ゴール体の次元」というナレッジです。

各軸が矛盾なくデザインされていることが必要ですが、想像はできても、行動は自分の都合のみというレベルに、縮小して落ちてきてしまうことがあります。これが、インテリジェンスとパフォーマンスのギャップです。このギャップを「体現率のアップ」で埋めることが課題になります。

3軸をもってゴールを立体的に捉え、矛盾なくデザインできれば、よりパワフルで効果的な行動の促進につながります。

(O)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s