モチベーションのあるなしを理由にしていませんか?

『モチベーションのあるなしを理由にしていませんか?』
モチベーションの不足を理由にパフォーマンスを落としている場合ではありません。モチベーションのあるなしは、あなたの都合です。モチベーションの有無に関わらず、ベストを尽くせる自分なりの型を持ちましょう。

*****

モチベーションの語源は、「動くこと」を意味するラテン語「モベーレ」だそうです。

ビクトリア大学のクレイグ・ピンダーによれば、モチベーションとは、「個人の内部もしくは外部から派生し、特定の行動の強度、方向、持続性を規定する活動力」と定義されています。

そして、モチベーションは感情と結びつき、行動そのものに伴う、あるいは行動の結果としての報酬を求めます。
内発的報酬:活動自体によって生じる達成感や満足感・至福感
外発的報酬:お金や褒め言葉などの外から与えられるもの

もちろん、近年、大切だとされているのは、「内発的報酬」とセットになる「内発的動機づけ」です。

でも、それさえ外的要因によって揺らぐなら、モチベーション云々を問わず、自動的に近い効果的な自家発電の継続システムをもって、 淡々とその時のベストを尽くせる方法を持ちましょう、ということです。(わたしの観測では、「モチベーション」を連呼する人に、パフォーマンスの高い人は見当たりません。)

(O)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s