異文化感受性「最小化」の世界観とは?

『異文化感受性「最小化」の世界観とは?』
どんな人とも共通点に焦点を当て、手と手を取り合えば人間関係を構築できるという世界観です。
この最小化の世界観の陥る危険は、同じところを大切にするあまりに、違い(多様性)をないがしろにしてしまうことです。

*****

「だって、皆そうでしょ?」は、異文化感受性発達モデルにおける「最小化」の段階にいる人たちが、よく口にする言葉のひとつです。

誰もが、あなたが常識だと思っている世界に生きているわけではありません。皆が、同じ幸せを求めているとは限らないのです。

価値観、感じ方、物事の捉え方が、他の人も自分と同じであるというのは、あなたの思い込みではないでしょうか。

想像力を駆使しましょう。
そして、その想像力が届かないこともあるという、事実に手を伸ばしましょう。

(O)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s