コミュニケーションスタイルの違いを、人との関わり方に活かしていますか?

『コミュニケーションスタイルの違いを、人との関わり方に活かしていますか?』
コミュニケーションスタイルの違いを活かすことで、互いの世界観に変容を生むことができます。あなたがプロジェクトを持っている場合には、その成果に大きく影響するでしょう。

*****

多くの人が「性格」と呼んでしまっているもの、
それは「習慣化した思考や行動のパターン」のことです。

コミュニケーションスタイルは、
その行動のパターンのひとつにすぎません。

「あの人は、ああいう人だから」
「わたしは、こういう人だから」
そう思い込むことで、
可能性を閉じてしまっていませんか?

違いがあるからこそ、生まれる成果があります。

互いに違いを知り、認め、活かし合う。
人やプロジェクトの存在意義にも関わるところです。

(O)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s