しびれるような体験を自ら作り出していますか?

『しびれるような体験を自ら作り出していますか?』
誰かに喜ばせてもらいたい、感動させてもらいたいと言っていては、自分自身の人生を生きる状態からは程遠いでしょう。感動的な体験というものは、自らの手で創り出すものです。

*****

人生にはアップダウンの波のようなものがあります。

波に乗って、ぐんぐん進めるときもあれば、
停滞しているときもあります。
沈み気味で停滞しているときの自分を振り返ってみると、
自分自身に退屈しているようにも見えます。

環境のせいや、人のせいにせず、
毎日がおもしろくないときは、
きっと自分が自分に退屈しているのだ、
ということを知る必要があるでしょう。

自分で、自分の人生、責任を持って創りましょう。

(M)

Advertisements

人の評価だけでなく、自分自身の達成感を大切にしていますか?

『人の評価だけでなく、自分自身の達成感を大切にしていますか? 』
誰かに誉められたり認められたいという思いで行動していても、達成感は手に入りにくいものです。
自分で決めたベンチマークであれば、それに達しているかどうかは、あなたが一番よく知っているはずです。

*****

自分自身の立てた目標を達成することができたとき、
気持ちよく自画自賛することができます。
ちょっとビールで乾杯したり、
あなたなりのお祝いの儀式があるかもしれません。

目標を達成することは自分との約束ですから、
達成できないときには、自分にガッカリすることになります。

だからこそ、目標を立てるときには、工夫が必要です。
そのひとつは、大小さまざまなサイズの目標を
立てるということ。
大きな目標を立てることで自分自身を鼓舞し、
小さな目標(ベンチマーク)を立てることで
確実に前進する、という自信をつけるのです。

自分自身の手による達成感は、簡単には揺るぎません。
誰かに誉められたり認められたいという動機とは、根本的に違うものです。

(M)